日本社会におけるコーチング資格

みなさんは、ビジネス・コーチングって何か知っていますか。
私は恥ずかしながら分かりませんでした。
コーチングで最初に頭に浮かんだのはスポーツ関係のコーチの仕事かな、という事です。
そのコーチの資格がコーチング資格ってことかなと想像していました。
でも、実際調べてみるとビジネス・コーチングは『質問する形での対話で説得するというアプローチ方法』ということでした。

コーチング資格にはレベルがたくさんあるようです。
コーチングのスキルをいかして人を支援できるレベルから指導・養成できるレベルまでのようです。
この資格の説明をよく読んでみるとビジネスや子育て、生活の上でとても役立つということが分かります。
上司が部下の能力を引き出す方法はもちろんですが、親が子どもの能力や考えを引き出すことにも力を発揮しそうです。
また、このコーチングの技術があれば社会でも人間関係が変わってくるように思います。
営業などの場合には特に役立つように思います。
http://www.coachfederation.jp/

ビジネスでは上司がコーチングの技術を使って部下の能力を引き出す事ができれば、その上司は信頼できる良い人ということで部下の評価が上がり、部下の家族からも好かれるような気がします。
ワンマンで仕事をし、自分の考えを押し付け部下の気持ちを理解しようとしない古い考えの上司や社長もいますが、こういう方たちにはぜひコーチングの資格を取るために勉強をしてもらいたいものです。
コーチングのような比較的新しい資格に挑戦する気持ちがあるような上司がいる会社はこれからも伸びるような気がします。
逆に、コーチングに対して興味を示さないようなビジネスマンでは伸び悩むような気がします。
日本企業のトップがコーチングを学んでいるか学んでいないかでは随分と企業としての成長が異なってくるといっても過言ではありません。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans