保育士は国家資格。魅力あるプロフェッショナル 2010-02-26

保育士が国家資格であるとおぼろげに感じていましたが、あらためて調べてみると大変な仕事でもあることを認識しました。

一生資格を有することになり、なんらかの事情等で戦線離脱した場合でも、企業等の勤務ですとブランクが気になり、復帰後の心配がつきまとうと悩ましい限りですが、保育士という仕事の場合はそうではないようです。

家庭に入ったりして、自分の子どもの面倒を見てきたことなどは、かえってより一層プロフェッショナルになっての復帰とみなされるというメリットがあると聞いたことがあります。

女性に優しい職場なのかとおもいきや同性が多い分、そこには先輩保育士との確執等もまた大変に悩ましい問題も生じているそうです。

どの職場でも上下関係というのは難しいものです。

新米保育士は若く、より子供たちにとっては親近感がわくのか飛びついてきたりするさまは可愛いものです。

しかしその光景は先輩にとっては、それは微妙な感情を抱かせることになることもあるそうです。

しかし、保育士が他の専門的な資格と異なるのは、幼い子どもを対象にしていることではないでしょうか。

先生というよりも親の役割に近い存在だと思います。

面倒をみている子どもたちが、将来はどんな人間になるのだろう、と想像しただけもワクワクしそうです。

世界に羽ばたたくスポーツ選手となってメディアを賑わす、あるいは国を動かす人になるかもしれない。

そのとき、彼らの人間として大切な幼児期に接することができたと思い出す瞬間があるとしたらまさに保育士冥利につきることだろう。

 

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans