以前通ったアクセサリースクール 2013-09-27

独身時代、仕事もさほど忙しくなかった、新人のころ、ビーズのアクセサリーを教えてくれるスクールに通ったことがあります。

今より、ビーズの手作りアクセサリーの本は少なかったと思います。

金属アレルギーで、シルバーに反応してしまい、でも、金やプラチナは高価に感じました。

でも、市販されているものは、ビーズなのに、以外に高く、購入するにはちょっと迷いが合ったので、いっそのこと、自分で作ろうと思ったのがきっかけでした。

私が通ったのは、地元で、個人でスクールを開いているところでした。

たしか、ビーズのアクセサリーの資格を持った、主婦の方が教えていました。

通っているのは、主婦の方が多く、私のような年齢の方は少なかったです。

基本をいくつか、習った後は、自分で作りたいものを、デザインし、創作で作るといった方針のスクールでした。

もちろん、相談にのってくれるので、一緒にデザインも習いました。

スクールというほど、堅苦しいものではなかったので、結構、長続きしました。

何点か、気に入ったものを作ることが出来ました。

でも、以外にビーズのアクセサリーは作るのに、時間がかかりました。

肩こりがひどいタイプなので、余計に時間がかかったのかもしれません。

長時間作り続けることが出来なかったので。

でも、スクールで習ったおかげで、本をみるよりも、分かりやすいし、自分のオリジナルアクセサリーを作ることが出来ました。

いまでも、気に入ったデザインのアクセサリーがないと、自分で作ろうかと思うことがあります。

 

この春から、アクセサリースクールで講師をいたします。 2011-07-21

5年前にアクセサリースクールを卒業したわたしは、とんとん拍子に就職先も決まりました。
就職先のお店は、アクセサリーの専門店で既製品の品物をメインに扱っておりましたが、一方でデザインから作成までの注文制作にも対応するという業務を行っておりました。
わたしは、いくいくはそちらのスタッフとして働きたいと心の中でひそかに願っていたのです。
毎日を販売スタッフとして過ごしながらも、デザインや制作技術のスキル向上を怠らないように、日々自分なりに努力をしておりました。

そんなある日の事、私を指名して来店されるお客様が現れたのです。
そのお客様は、2から3か月前からお店にいらっしゃるようになった方なのですが、初めは既製品の物の中から好みの品物を選んでおられました。
わたしは、何度か接客するうちにそのお客様の好みがわかるようになり、いつの頃からかお店が商品を仕入れる際にそのお客様に買ってもらえそうなデザインや作りが施された商品をピックアップするようにしていたのです。
そして、この心配りは、アクセサリースクールで学んだ重要なことのひとつでした。
このお客様は、私の心配りを大変喜んでくれた上に提案した商品を必ず購入してくれるようになったのです。

わたしは、このお客様を皮切りにわたしを口コミで紹介して頂くお客様が増え、いつしかお店の中ではトップセールスとなっていたのです。
中には、制作を依頼されてくる方も現れ制作スタッフの協力を得ながら何点か完成させることができました。
そして、これもまた不思議なことなのですが、一人のお客様の紹介でこの春から、アクセサリースクールで講師を担当することになったのです。
お客様を喜ばせることに知恵を出し、また自らを向上させることにも怠りなく努力してきた自分の結果に拍手を送るとともに、より一層の努力を誓っている今日この頃です。

 

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans